環境保護

印刷物のエコ情報を発信しましょう

  • 奥付やウラ面に用紙のエコ情報やインキ情報などを記載しましょう。
  • リサイクル促進のために、使用後の分別廃棄の方法も記載しましょう。
どのような紙を使ったか?

(マークの使用は、制限が多いので注意しましょう。)

  

  • (文章表現)古紙パルプ配合率100%・白色度70%の再生紙を使用しています。
  • (文章表現)この封筒は窓部にリサイクル可能なグラシン紙を使用しております。
  • (文章表現)適正に管理された森林より算出された木材・チップより作られた紙を使用しています。
  • (文章表現)この用紙はケナフパルプを使用し天然林の伐採量を減らすことに貢献しています。
  • (文章表現)この用紙は日本の森林を育てるために間伐材を使用しています。
インキはどのようなものか?

(アメリカ大豆協会・国内インキ各メーカーのマーク)

 

  • (文章表現)石油系溶剤を含まないNonVocインキを使用しています。
  • (文章表現)植物性大豆油インクを使用しています。
特に使用後の廃棄・リサイクル方法の明示は大切です。
《回収方法の表示例です》
  • (文章表現)不要となった際、回収、リサイクルに出しましょう。
  • (文章表現)読み終わったら、資源回収に出しましょう。
《窓あき封筒の場合》
  • (文章表現)窓部分を含めて再生できます。
  • (文章表現)この封筒は、窓部分を切り取らなくてもリサイクルできます。
私たち青葉印刷が取り組んでいる3つのエコ軸